クレディア 民事再生


HOMEメルマガ>クレディアが民事再生

クレディアが民事再生

クレジットとサラ金(クレサラ)情報をお知らせします。

 

先日、岩手県の方から相談がありました。

相談を受けると、昭和からプロミスと取引があり6年前に完済したそうです。

このようなケースは「過払い」になっているので消費者金融からお金を取り返すことが可能です。

一刻も早くお金を取り返すことをお勧めしています。

というのは、過去に消費者金融中堅のクレディアが民事再生の申立をしました。

民事再生や、倒産などしてしまっては、お金を取り返すことは大変難しいです。

 

今後、クレディアくらいの規模の消費者金融がそろそろ経営状態が厳しいようです。

大手でも、○富○は、経営状態が良くありません。

「過払い金」の返還請求を行っていると経営状態が露骨に分かります。

一口に「過払い金」といっても、消費者金融の全てが「過払い金」の100%を返してくれません。

 

小さな会社ほど、ひどい状態です。

消費者金融担当者「うちの会社はもうすぐ潰れるから早く和解した方が良いよ」

消費者金融担当者「返金率が低くても早くした方が良いよ。自分もリストラされるから。」

消費者金融担当者「お金がないから、返せないよ。」

こんな会話を交わすことが多々あります。

割と大きな会社でも三和ファイナンスはかなり低い返金率です。

 

モビットは三菱東京UFJ銀行系

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ

プロミスは三井住友銀行グループ

このように銀行と関係を持つことにより、資金量は豊富のようで高い返金率となっています。

お金の無い消費者金融からお金を取り返すことは難しいです。

 

現在は良くてもこれからどうなるかは分かりません。

さらに「過払い金返還請求」は、時間がかかります。

現在は、早くても3ヶ月くらいはかかります。

その間に、「倒産」になるとお金は戻ってきません。

 


借金地獄からの脱出 究極の借金解決法
お名前  *
 ニックネームOK
メールアドレス  *



PageTop



Copyright© 2007-2017■ 借金110番 ■All Rights Reserved.