任意整理のデメリット


HOMEメルマガ>任意整理のデメリット

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは、
個人信用情報に事故記録が載り、約5年間は新規での借り入れができなくなることです。
  (いわゆる「ブラックリストに載る」ことになります。)

 

ブラックリストに載ると、一定期間

・新規での借り入れができない

・車のローンが組めない

・住宅のローンを利用できない

・新規でのクレジットカードの発行ができない

などの不便なことが起きます。

 

しかし、任意整理を行うと、通常、「利息なし」での和解が可能なので完済のメドが立ちます。

いつまで続くかわからない借金生活に終わりが見え、精神的に落ち着きます。

任意整理は依頼者様の生活に支障を及ぼさず手続きができます。

長期間の取引がある場合、借入金がゼロになったり、過払い金を取り戻せる可能性があります。

 

任意整理を迷われている方は相談だけでもしてください。

相談は無料です。お気軽にご利用ください。

 


借金地獄からの脱出 究極の借金解決法
お名前  *
 ニックネームOK
メールアドレス  *



PageTop



Copyright© 2007-2017■ 借金110番 ■All Rights Reserved.