特定調停 費用


HOMEメルマガ>特定調停の費用

特定調停の費用

今回は、特定調停の2回目です。

特定調停の費用について説明します。

前回の特定調停では、6年以上取引のある方は、
過払い金が発生している可能性があるので「特定調停」は使っては駄目ですとお伝えしました。

弁護士や司法書士に依頼せずに、自分で特定調停をする方がいますが、この点には必ず注意して下さい。

「特定調停」という方法は、費用をかけずに借金を減らして、
更に金利を0%にすることができる夢のような方法です。

 

費用はどのくらい必要かわかりますか?


なんと

1社につき1000円未満です。


例えば、アイフル、アコム、プロミス、モビット、オーエムシーの5社からお金を借りていた場合でも、
5千円も払わずに借金を容易に返済できるようにする方法なのです。

まさに究極の借金返済方法と言えます。

1社あたり1000円程度を払えば、借金が減る上に、金利は0%です。

利息が無いのです。

多重債務の原因は高い利息です。

その利息がなくなります。

利息がなくなれば、容易に借金を返済できますよね。


ただ、弱点があります。

何度も言いますが、「特定調停」は、過払い金が発生する場合は、使ってはいけない方法です。

おおよそ、6年以上お金を借りたり返したりしている方は、使ってはいけない方法です。

次回もこの特定調停という方法を詳しく説明します。


借金地獄からの脱出 究極の借金解決法
お名前  *
 ニックネームOK
メールアドレス  *



PageTop



Copyright© 2007-2017■ 借金110番 ■All Rights Reserved.