任意整理 デメリット


過払い請求TOP>メルマガ>任意整理のデメリット

メールマガジン配信中

-------------------

「借金地獄からの脱出!究極の借金解決方法」

続々々々々任意整理

-------------------

今回も任意整理の続きです。

任意整理というやり方がかなり有効であることは理解していただけたでしょうか。

今までは、メリットのことをお話しました。

では、任意整理にデメリットはないのでしょうか?


実は、任意整理にはデメリットが1つだけあります。

それは、信用情報であるブラックリストに載ることです。

任意整理を行うことにより、CICなどの個人信用情報を扱う民間会社に任意整理を行ったということ

で連絡がいきます。

CICなどの個人信用情報会社は民間会社であるので、任意整理を行うと何年載るのかが明確には

分かりません。


当事務所で得ている情報によると、約5年間は載る可能性が高いということが分かっています。

完済している場合で、過払い金返還請求に関しては、ブラックリストに載らないという情報を得ていま

すが、絶対とは言えません。

あくまでも、個人信用情報を扱うのは民間会社なので、基準が明確で公表されているわけではない

のです。


では、ブラックリストに載ることでのデメリットは何でしょうか。

それは、住宅ローンが組めないこと、車のローンが組めないなどとローンを新規で組むことができま

せん。

また、銀行やサラ金、クレジットカードなどを新規でお金を借りたりすることができません。

このようにお金を借りることが約5年間できなくなることがデメリットです。


しかし、約5年間お金を新規で借りなければメリットしかありません。

特に長期に渡り借金で苦しんできた方は過払い金が発生する確率はかなり高いです。

目安として、7年以上サラ金と取引があり、最近になって借入れが増えていない場合は、借金が無く

なる可能性が高いです。

このようなケースに当てはまる場合は、すぐに任意整理をされることをお勧めします。

当事務所では、借金の無料相談を電話で行っていますが、取引の年数と借入れの額が分かれば、

過払いになっている可能性の判断ができます。

お気軽にご相談下さい。

-----------------

PC URL   https://www.110b.info/

Presented by 借金110番

-------------------

次号のメルマガへ

メルマガTOPへ







PageTop



Copyright© 2007-2017■ 借金110番 ■All Rights Reserved.