任意整理 差し押さえ


HOME任意整理任意整理よくある質問一覧任意整理 差し押さえ

任意整理をすると給料を差し押さえられますか?

 任意整理をすると給料を差し押さえられますか?

 

そのようなことはありません。

債権者(貸金業者)が債務者の給料を差し押える為には、
執行文が付与されている債務名義(さいむめいぎ)が必要です。


『債務者が任意整理を行った』という理由だけで、
債権者(貸金業者)は直ちに債務者の給料を差し押さえることは
できません。

参考までに、債務名義とは『差し押さえ(強制執行)により実現される
ことが予定される請求権の存在、範囲、債権者、債務者が記された
公の文書』のことです。

具体的には次の書類になります。
・強制執行認諾文言付の公正証書(いわゆる執行証書)
・確定判決
・和解調書、調停調書など

差し押さえなどの強制執行ができる要件は、上記の「債務名義」に
「執行文が付与」されている必要があります。

強制執行認諾文言付きの公正証書(いわゆる執行証書)は、公証人が、
確定判決など、その他の債務名義は、裁判所書記官が「この債務名義に
基づき強制執行をすることができる」旨の公証をしたものが「執行文」に
なります。

また、仮に債権者が執行文が付与されている債務名義を得て給料を
差し押さえたとしても、給料の差し押えができる範囲は、原則、
給料から所得税・ 住民税・社会保険料を差し引いた残額の4分の1まで
となります。(民事執行法152条)


 

 

ご相談はこちら

PageTop



Copyright© 2007-2016■ 借金110番 ■All Rights Reserved.