個人再生 メリット デメリット


MENU債務整理個人再生

目次

個人再生とは

個人再生のメリット

個人再生のデメリット

こんな方にオススメです

実際どのぐらい借金が減るのか?

可処分所得の計算式

個人再生には2種類の手続きがあります

あなたの借金問題を解決します

個人再生の事例

個人再生の費用

無料相談をご利用ください

よくある質問

個人再生とは

個人再生とは、裁判所を利用して借金を減額する手続きのひとつです。

裁判所に再生計画案(債務の残高に応じて減額された借金を原則3年間で分割返済する内容)を
認めてもらい、認めてもらった再生計画どおりに返済することで
残りの借金の支払い義務が免除されます。

個人再生では『住宅資金特別条項』を利用して、
住宅ローン以外の借金を大幅に減額し、住宅ローンはそのまま支払いを続けることで
住宅を維持することが可能です。

個人再生は決してデメリットの多い借金解決方法ではありません。 

借金解決の手段の一つである個人再生は、

「自己破産は避けたい」、

「マイホームは手放したくない」

このような考えをお持ちの方のための借金解決方法です。

個人再生は、自己破産せずに借金問題を解決する『強力なメリットを持った借金解決方法』です。

個人再生のメリット

個人再生(住宅資金特別条項付き)の主なメリットは、次のとおりです。

■個人再生(住宅資金特別条項付き)のメリット

1.借金が大幅に減額されます。(原則、借金が5分の1に減額)

2.住宅を手放さずに借金を整理することが可能です。

3.手続き開始決定後は、債権者は強制執行ができなくなります。
  {但し、別除権(担保権)を除く(再生法第53条) ※一定の条件を満たしていれば実行される事はありません}

4.自己破産のような資格制限がありません。

5.免責不許可事由(ギャンブルや遊興費による借金)のある方でも利用が可能です。

個人再生のデメリット

個人再生(住宅資金特別条項付き)の主なデメリットは、次のとおりです。

■個人再生(住宅資金特別条項付き)のデメリット

1.個人信用情報に事故記録が載り、約7年間は新規での借り入れができなくなります。
  (いわゆる「ブラックリストに載る」ことになります。)

2.住宅ローンは減額されません。

3.場合によっては住宅資金特別条項が認可されないケースもあります。

4.官報(国が発行する新聞のようなもの)に氏名などが掲載されます。

こんな方にオススメです

個人再生は、以下の方にオススメです。

・住宅ローンが残っているマイホームをどうしても手放さずに守りたい人

・保険外交員や会社役員など、破産するとできない仕事に就いている人

・任意整理しても返済の目処が立たなく、自己破産を避けたい人

・浪費やギャンブルなどの借金であり、自己破産しても免責が許可されるか心配な人

・心情的に自己破産をしたくない人

・ある程度の継続した収入があり返済能力がある人

実際どのぐらい借金が減るのか?

個人再生を行い、減額される借金の額は、借金の総額によって異なります。

 

①借金総額が100万円未満の場合には、借金総額の全額

②借金総額が100万円以上500万円未満の時には、100万円

③借金総額がが500万以上1,500万円未満の時には、借金総額の5分の1の額

④借金総額が1,500万円以上3,000万円以下の時には、300万円

⑤借金総額が3,000万円を超え5,000万円以下の時には、借金総額の1割の額


※給与所得者等再生では下記の条件を満たす必要があります。

弁済総額が可処分所得の2年分以上であること。

可処分所得の計算式

2年分の可処分所得=[{過去2年分の収入額-(所得税+住民税+社会保険料)}÷2

-1年分の生活費(賃料・水道光熱費・勤労必要経費など・・・)]×2


弁済総額の計算例

・過去2年分の収入から所得税等を引いた額→800万円

・1年分の生活費→240万円(月20万円)

・債務総額→1,000万円(住宅ローンなし)

 

①2年分の可処分所得

(800万÷2-240万)×2=320万円

 

②可処分所得と最低弁済基準の比較

可処分所得→320万円

最低弁済基準→1,000万円÷5=200万円

 

このケースでは処分所得の方が高いので、320万円を分割払いとなります。

個人再生には2種類の手続きがあります

個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2つの手続きがあります。

あなたの借金問題を解決します

あなたが、マイホームをどうしても手放したくない場合、
あなたが、自己破産をどうしてもしたくない場合、
このような時には、個人再生という解決方法が役立ちます。

個人再生以外にも、借金問題を解決する方法がいくつもあります。

法定利息にて今までの利息を計算しなおすことで、
もしかしたら、個人再生をしなくても済むかも知れません。

あなたに最適な解決方法を提案致します。

 

「借金を減らしたい..」

「催促の電話や督促状に怯える生活から抜け出したい..」

このような悩みをお持ちの方から相談を受けます。

もし、あなたが同じ悩みをお持ちでしたら、今すぐお電話下さい。

相談は無料です。

あなたの借金問題は解決します。ご相談をお待ちしております。

個人再生の事例

個人再生の事例をご紹介します。
(住宅ローンは含まれていません。 )

名古屋市瑞穂区 個人再生
借金 13,550,225円   ⇒  8,460,540円
毎月の返済額 380,000円 235,060円
金利 14.6%~20.0% 0%

 

                ※債権者数:10名
                 住宅ローンの他に1,355万円ほどの借金がありました。
                 生命保険の営業をされており、ご自宅のマンションや
                 生命保険の維持を希望されていた為、個人再生を選択されました。
                 (住宅資金特別条項あり)

名古屋市守山区 個人再生
借金 2,756,115円   ⇒  1,000,472円
毎月の返済額 107,000円 27,792円
金利 15.0%~29.2% 0%

  

                ※債権者数:5名
                 住宅ローンの他に275万円ほどの借金がありました。
                 ご自宅マンションの維持を強く希望されていた為、個人再生を選択されました。
                 (住宅資金特別条項あり)

 

個人再生の費用

個人再生の費用の詳細はこちらです。

無料相談をご利用ください

よくある質問

個人再生をするとクレジットカードは作れなくなりますか?
個人再生をするとクレジットカードの更新はできなくなりますか?
個人再生をするとクレジットカードが作れるようになるまで何年かかりますか?
個人再生をするとクレジットカードを作る時の審査に通りませんか?
個人再生をすると、今、使っているクレジットカードは利用できなくなりますか?
個人再生をすると、本人だけでなく家族もクレジットカードが使えなくなりますか?
個人再生の支払い中にクレジットカードは作れますか?

 

 


過払い金返還請求・任意整理の受任可能です。地域により受任出来る業務内容は異なります。

但し相談者の個別の状況・負債状況・その他の要因により受任できるか否かは、当事務所で適宜判

断します。

PageTop


Copyright© 2007-2016■ 借金110番 ■All Rights Reserved.